ホーム > 所属演奏家 > 声楽部会・ソプラノ > 稲垣貴子



稲垣 貴子 TAKAKO INAGAKI 声楽部会・ソプラノ
国立音楽大学卒業。同大学院オペラコース修了。

モーツァルト「魔笛」侍女1でオペラデビュー。モーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」、ビゼー「カルメン」、クルトワイル「三文オペラ」、メノッティ「電話」プッチーニ「修道女アンジェリカ」、石桁真礼生「河童譚」、ヴェルディ「椿姫」レハール「メリーウィドゥ」「こうもり」他、のオペラに出演。 オペラガラコンサート他オーケストラとの共演、二期会サロンコンサート、ニューイヤーコンサート、王子でのリサイタル、ジョイントリサイタルなど多数、多種のコンサートに出演。
ポーランドにて世界遺産ヴェリチカ岩塩坑ホールにて演奏し好評を評し、NY在住ギタリストとの共演では、世界的に著名なポーランドの名映画監督アンジェイ・ワイダ氏の前で演奏し好評を得る。

二期会会員、横浜シティオペラ会員。



五十音順